« もうダメだ! | トップページ | お酒を飲んだ翌朝は »

地震酔い

「立っていても座っていてもなんとなく揺れてる気がする」「目眩がひどい。座っててもグラグラすることがある」この症状は、繰り返し地震を体感したことによる「地震酔い」の可能性が高いのだという。車酔いや船酔いなど乗り物酔いと同じようなもので、めまいや吐き気、手足が冷たくなったり、冷や汗なども出たりする。

めまいの専門家、聖マリアンナ医科大学病院耳鼻咽喉科の肥塚泉教授によれば、「地震酔い」は「後揺れ症候群」と呼ばれるもので、例えば、船に乗った後に陸に上がると自分の体が揺れているように感じるのに似ている。

人間の脳には「速度蓄積機構」というシステムがあり、自分が直前に体験した加速度や回転の情報を蓄えている。個人差はあるが、直前のそうした情報が残っているため起きる。

乗り物酔いは車から降りれば治ると同じように、「地震酔い」の症状が出ても特に心配する必要は無いという。今後も地震が続いたとしても、ほとんどの人は揺れに体が慣れてきて「地震酔い」しなくなってくる。苦しければ乗り物酔いの薬を飲むという方法もあるが、できるだけリラックスするようにし、運動したり、違った景色を見たりしてこれまでの感覚をリセットする。そういったことが効果的だと肥塚教授はアドバイスしている。
(以上JCASTニュースより)

仕事中も、歩いていても、いまPCに向っていても、グラグラ揺れています。
あの建物が、特に最上階がどれ程揺れたのかはその場で経験した人しか判りません。
トラウマになるのでしょうか...

気分が悪いので今日は一日寝ていることにします。寝ていても揺れるのですが。
乗り物酔いの薬?我が家にはありません。私は船にも酔わないんですから。
でも、買った方がいいかもしれません。

|

« もうダメだ! | トップページ | お酒を飲んだ翌朝は »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうダメだ! | トップページ | お酒を飲んだ翌朝は »