« お見舞い申し上げます。 | トップページ | 長旅 »

日本の危機管理

ニュージーランドに数回通った者としては地震のニュースも気になりますが、
同時にアフリカではリビア情勢が混乱していることはご存知のことと思います。
実は、今日現在でこの話題に最も近い場所に居ます。
とはいっても私がリビアにいるのではなく、会社から派遣した
社員他5人が脱出出来ずに現地で待機状態になっています。
どうやら今残っているのは本当にこの5人だけのようです。

現地は先週初めから電話が繋がらない状態となり、いまはメール
での遣り取りを日に3回、定時に実施して安否の確認をしています。

先週の情勢変化は目まぐるしかったのですが、そこで一番気になった
のが日本政府の対応です。

ここにある記事があります。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1252
これが日本の対応です。

この記事を書いた編集者には脱帽です。全て正しい。
感想についても「そのとおり!」と思います。

明日(3/1)韓国の軍艦がベンガジ港に入るから、
「是非この船に乗船させるように!」と外務省から強く言われました。
当然乗せますよッ!日本は飛行機も船も出さず、全て本人任せ。
他社の人も自力で脱出しているんですから。

とにかく、1サイトの1名はこれに乗るよう先ほど指示のメールを発信しました。
残り4名は別サイト(ミスラタ)なのでいつ救援できるか...

当分落ち着かない日が続きそうです。

ところで、日本政府がチャーターした民間チャーター機って
お金が掛かるの知っていましたか?
チャーター料は利用者が払うみたい...
お金が無い人は脱出出来ないのかな?

|

« お見舞い申し上げます。 | トップページ | 長旅 »

寝言」カテゴリの記事

コメント

大変な事態ですね!
「現地の日本人の大半は脱出済み」という報道を信じ込んでいました。「大半」の残りが0.1%だとしてもご当人たちにとっては100%なわけで、最後のひとりまで責任を持って脱出させるのが外務省の役割でしょうに・・・
きりんさんの行方などよりもこの件が最重要ですね。
我が家の次男もちょうど1年前の2月22日にNZの地震で崩れた大聖堂の前でバスを待っていたそうで、世界中どこでもこの種の事件が起こることを改めて実感いたしました。
5人の無事脱出をお祈りいたします。

投稿: MATT | 2011年3月 4日 (金) 10:08

MATTさん、今頃は機上の人ですね。
実は私ももうすぐ機上の人に。
ハワイのある東ではなく西に向かってですが。

さて、某国某省はなかなかの方がおいでになるようで、ホテルを予約してもらったら「緊急事態の特別処置」で予約してやったんだと仰る。
寄港地が大使館の地元から遠くなったら「大使館員は出張はしない」と。
「連絡は必ずしろ」とのことですが、何もしてくれないのになぜ?連絡するのでしょう??
傲慢なメールには腹が立ちますが、我女房殿にグチるだけとは情けないやら。

グチばかり書いても致し方ないので...
今、羽田です。これからパリへ。
乗り換えてオリンピック発祥の地に行きます。
国内線に乗り換えてとある有名な島で、逃げてきた我が社のメンバーのお迎えです。
但し、本当にそこに上陸するかは半々程度の確立です。
(そんな状態でよく行くよね)

目的地到着は24時間後です。

コメント追記(3/6ギリシャ某島にて)
前述の某省の方のメールは別として、現地では一等書記官の方が出向いてこられ懇切に対応して頂きました。
救援船が到着した際には船内まで入り、当社メイバーの下船・入国手続きにご尽力頂いたそうです。
その他でも色々とお気遣い頂きました。
どこかの映画にありましたね「事件は現場で起きているんだ!」ってね。

投稿: Ernie | 2011年3月 5日 (土) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お見舞い申し上げます。 | トップページ | 長旅 »