« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

暑いなか

11日の土曜日は小岩出稽古の日。

先月お休みしているし、宿題が出来ていないので不安な気持ちになりつつも、お仲間に会えるのを楽しみに小岩駅に。

081101_2 今回の昼食組は8名。

いつものように美味しいお蕎麦の長寿庵からスタートです。

最近はビールが当たり前のようにオーダーされています。 081102

しかも、ほぼ1本/人の数量。以前はコップ一杯づつとか、全く飲まなかったりとかでしたが、32回ともなると安定してきたと言いますか...

夏はこちらの冷したぬきが絶品なんです。

081106

ところで、←この方々は何を?

なんと、炎天下の蕎麦屋の店先で神様ウクレレのチェックが始まりました。後にした方がウクレレのためですよ...

稽古の写真が一枚もありませんでした。厳しい稽古で写真なんて余裕は無かったのでした。

081103

4時間半に及ぶ稽古の後は鳥正へ大移動。

お待ちかねの二次会の は・じ・ま・りぃ~

Ukeの話、土産話、NUAの話や身の上話(それは無かったかな)。

081104

081109081107081108今回は二次会も3時間以上。

中身の濃~い一日でした。

帰りの電車は人身事故の影響で新橋に足止め。  東海道は動いているとの事だったが、新橋の地下ホームから東海道までは面倒なので....リフレッシュシートで汗を落としながらのんびり待つこと40分。 帰宅したときには日付が変わっていました。081105_2

| | コメント (11)

雲上芸人

一週間の夏休みとなった初日の9日、奥さんが近所の銭湯(温泉)に行こうって言い出しました。

でも、私の中で決めていた連休スケジュールでは、初日は午後から新宿に行く!と決めていたのです。 そう shu-san のHA演奏が都庁南展望室であるからなのです。

そして、初志貫徹です。

Tocyou001_2  一階でセキュリティチェックを受けて、45階直行エレベータに乗れば55秒で地上202メートルの世界へ。そしてウクレレの音色が展望室内を心地よく満たしていました。

辿りついたのは二時間の演奏時間の前半終了間際。10分程の喫煙タイムの後は後半戦へ。殆ど二時間弾きっ放しです。快調にです。サスガです。

↑このショットは子供がちょっと興味を示したので、早速曲目をディズニー系に変えて軟派しているところ(失礼!)です。

Tocyou002 そしてこのショット。青年が外回りの息抜きに寄ったのでしょうか? ひと時shu-sanの演奏に聞き入っていました。 愚息も今年から社会人。丁度この彼と風体もそっくり。こんな風に癒しの時間を作りながら、仕事をしているかなぁ なんて考えてしまいました。

さて、景色はというとやはり冬のような訳にはいきません。富士山の方角にカメラを向けていた外国人青年と「富士山見えないでしょ。大山が少し見えてるね。」なんてお話もしたりして。

二時間の演奏が終れば、やはり○屋一丁でビール!でしょう。最初から聴いていたWADAさん、W松さん、演奏終了3分前に到着のまもさんと小生、計5人で駅手前のお店に向かって行進開始です。

で、お店の前でこちらに向かっておじぎしている方が...なんと、きまさんが待ち伏せしてました!! 急な仕事が入ったので45階まで行っている時間は無かったようですが、シッカリと打ち上げには間に合ったようです。  と言うか、行動パターンが読まれているようです(ネッ親方!)

Tocyou003ビールにお刺身、鱧とイカゲソ、Ukeの話と土産話。

3時間はアッと言う間でした。 W松さんも時間を延長してのお付き合いでした。

親方、お疲れ様でした。 皆さんありがとうございました。

帰りの小田急新宿駅...ホームで携帯が鳴り出し、出てみれば会社から。お客さんへの報告書の内容を確認して欲しいとのこと。「明日じゃダメ?」って一応聞いてみる。答えは当然のように「今夜中にお願いします!」だって。連休初日は最後にオチがありました。(因みに、会社からの着メロはどの部署から掛かってきても“ダースベーダーのテーマ(帝国の逆襲)”が鳴ります)

おっと!! タイトルの雲上芸人ですが、親方が演奏中に前に置かれている看板には「ヘブンアーティスト」とカタカナしか書かれていません。都庁の展望室は様々なお国の方がいらっしゃるようです。そこでWADAさんが英語、韓国語、中国語で書いたらとのご提案。 英語はそのまんま、 韓国語は諏訪のあの方に、では中国語は?で天国芸人と提案したのですが、縁起が悪いとあえなく却下。ご本人の発案で雲上芸人に。

まあ、どこまで本気で、どれまで採用するかはご本人次第ですが。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »